消費者金融からの借金を任意整理

消費者金融からの借金を任意整理する場合の注意点

任意整理は、裁判所などの公的な機関を通さずに行う債務整理の一種です。業者と直接交渉を行い、返済額や返済期間を有利な条件に変えてもらうという内容です。

 

利息制限法に基づいた引き直し計算により返済額を決定した上で、将来利息をカットして3年間かけて返済するというのが一般的です。

 

任意整理を行う事により、返済額は全て元本に充当されるので、通常利用よりも返済額を少なくする事が出来ます。さらに、消費者金融を長期的に利用していたような場合は、さらに大幅な減額が可能となるケースがあります。これは、消費者金融のサービスの基本となる貸金業法が2010年に新しい内容に変更されたからです。

 

利息制限法を超えた金利でのサービスの提供は、法改正により禁止されています。このために、現在の消費者金融のカードローンは、利息制限法に基づいた金利が設定されています。さらに、法改正以前に支払っていた利息に関しては、利息制限法の上限を超えた金額については返還請求を行う事が認められています。

 

このために、2010年以前に消費者金融を利用していた場合は、引き直し計算により払い過ぎていた利息を取り戻す事が出来る事になります。長期間利用していたような場合は、元本を全て完済できる金額が戻ってくるケースもあります。