債務整理 クレジットカード

債務整理をした場合でもクレジットカードを作れるのか

どうしても借金の返済が困難になってしまった時の救済措置として債務整理を利用するという方法があります。

 

債務整理というのは任意整理や個人再生、自己破産などの手続きの事を指しますが、手続きを行う事によって借金の総額を減らす事ができたり、月々の返済額を減らす、債務を免除してもらう事が可能になります。その為、どうしても返済が難しい時に便利ですが、ただブラックリストに載ってしまうというデメリットもあります。

 

そしてブラックリストに載る事によってクレジットカードが作れなくなる恐れがあります。

 

ブラックリストに載っている場合は「返済が困難になった利用者」という風に見られてしまいますので、業者からすれば貸したくない相手になります。その為、クレジットカードを持ちたくても持てない事にもなり兼ねませんが、しかしながら一生作れない訳でもありません。

 

ブラックリストの情報の保有期限は5年と言われていますので、その期限を過ぎる事によって作れるようになります。ただし、自己破産や個人再生の場合ですと、官報という公的な新聞に掲載され、こちらの場合は10年情報が保有されます。
その為、自己破産などの場合は10年は作れない事になります。

 

因みにクレジットはできないものの、クレジットカードのように使えるデビットカードなら作れる可能性がありますので、支払いができるカードが欲しい時にはデビットカードを利用するのも良いでしょう。