過払い金請求 弁護士費用

過払い金請求による弁護士費用

過払い金請求を弁護士に頼んだ場合の弁護士費用は主に着手金、報奨金の二つの費用がかかります。

 

弁護士費用というのは過払い金請求に限らず複雑になりがちなもので、相談料や手数料、タイムチャージなど様々な料金を設定しているところも多いですが、大きくわけると3種類の費用となります。着手金というのはその名の通り、最初に払う費用です。

 

弁護士がまだ何も仕事をしておらず、契約をする際に払うのが普通です。

 

また、仮に過払い金を請求することができなかったとしてもほとんどの場合変換されることはありません。

 

過払い金が返ってきていない時点で払うとになるので負担になりやすいですが、そういう際には分割払いを行っている事務所も多数あります。着手金は事務所や請求を行う消費者金融の数によって大きく変わってきますが、だいたい10万円〜20万円程度かかる場合が多いです。報奨金とは成功の程度に応じて支払う費用です。

 

これにも事務所による計算の違いが存在しますが大体の場合回収額の10%〜20%程度と設定しているところが多いです。

 

つまり400万円の過払い金を請求しても100万円しか戻ってこない場合には弁護士の取り分も少なくなりますから、弁護士側も頑張るところです。

 

 

ひょっとして…利息払いすぎてませんか?多く払い過ぎた利息は過払い金請求で取り戻せます!

 

まずは無料相談を利用して貴方の強い味方となる弁護士、司法書士事務所を見つけましょう。

 

>>過払い金請求に強い無料相談所はコチラが参考になります。