自己破産の手続きと費用

自己破産の手続きと費用

自己破産は借金をし、返済が出来なくなり返済能力が無いと認められた場合に裁判所が免責許可を行い、破産が成立すると言う特徴を持ちますが、自己破産は債務整理の方法の1つでもあり、債務整理を行う手続きそのものは弁護士などの法律の専門家に依頼をする形になるのが一般的です。

 

手続きの流れと言うのは、最初に相談をする事から始まります。

 

最初は借金の返済が出来なくなり困っていると言う事で弁護士事務所等に訪れるのです。弁護士に対して、現在の状況などを説明した上で、返済能力というものが乏しいと判断が行われることで裁判所に対して自己破産の申立てを行う事になります。尚、相談自体については無料で行う事が多く有るのが特徴で、着手する事で費用が発生する事になります。

 

自己破産では裁判所が用意した破産管財人により所有財産などの調査が行われ、債務の返済に利用出来るものがあるのかどうかを確認し、債務の返済に利用出来る財産が有る場合はそれを処分するなどし、債務を減らす事を行って行くのです。

 

最終的に破産が成立する事で、債務は免責となり全ての借金の返済義務が無くなると言うのが自己破産の特徴となります。

 

所で、着手する事で費用が発生する事になるわけですが、自己破産の場合は自由財産と呼ばれるもの以外は全て処分をすることになります。但し、自由財産については残されることになり、自由財産を使って分割払いで費用の支払いを行う事になります。