債務整理後のブラックリスト入り期間

債務整理を行った際にどの程度の期間ブラックリスト入りするのか

ブラックリストとは金融業界で頻繁に使われる言葉ですが俗語であり、正式には信用情報機関の事故情報のことを指します。

 

信用情報機関とは個人の信用情報を保存している機関であり、中でも信用を損なう行為を行った人は事故情報に登録されます。債務整理全般はこのことがいえ、自己破産や個人再生、任意整理であっても必ず事故情報に登録されます。

 

事故情報というのは消費者金融や銀行から借り入れする際や、クレジットカードの発行、それに住宅をはじめとするローンでは必ず最初に見られるものであり、事故情報に記載されている人は審査に通過する確率が極端に低くなってしまいます。一口に事故情報といっても登録される理由には種類があり、債務整理の場合は特に重篤な理由としてとらえられ、審査落ちする可能性がさらに高まります。

 

一方もっともブラックリスト入りする理由が借り入れしたお金などを期日までに返せない「延滞」ですが、こちらの場合は軽微なものとしてたとえブラックリスト入りであっても審査に通る場合がままあります。また、理由によってブラックリスト入りしている期間も異なります。

 

登録される信用情報機関によっても異なりますが、延滞であれば5年程度の期間で解消されますが、債務整理の場合最長10年経過しなければ事故情報から抹消されません。